顔色 悪くする 方法

顔色を悪くする方法は様々

スポンサーリンク

顔色が悪いと必然的に体調が悪いのかと疑います。
しかしそのことを利用して、学校や会社を休む人がいるのです。
一体どうやって顔色を悪くしたのでしょうか。
以下、その方法について述べていきたいと思います。
悪くするための方法として、一つ目に考えられるのは息を止めることです。
顔の色を青くするには、立ちながら息を止めて空気を吸うように力を入れます。
反対に赤くするには、寝ながら息を止めて空気を吐くように力を入れるといいでしょう。
また貧血になると顔色が青白くなることを利用して、椅子などの回転する物に座って、たくさん回転すると目が回って貧血が起き、顔の色が悪くなっていきます。
このように、無理やり顔色を悪くすることは可能なのです。
しかしやり過ぎると危険な場合があるので、限度を超えないように注意しましょう。

スポンサーリンク

また、メイクによって顔の色を悪くすることも可能です。
まず化粧を普段している人は、何もしないでいるだけで血色が悪く見えます。
口紅を塗らないことが一番のポイントです。
なぜなら口の色が赤いと、血色よく見える効果があるからです。
この事を利用してファンデーションやコンシーラーを唇に塗って、人工的に唇の色を悪くする事も同様に、顔の色を悪く見せるために効果的です。
そして、目の下のクマも体調が悪そうに見せるための効果があります。
黒のアイシャドウなどをあえて目の下に塗る事で、クマを作る事ができるのです。
他にも眉毛を薄くしたり、マスカラの量を減らすなどの方法があります。
また、メイクだけではなく髪の毛もいつもより整えない事で、体調が悪くて準備出来なかったのかなと、思わせる事が出来ます。
このように顔色を悪くする方法は様々あるのです。

スポンサーリンク